忍者ブログ
伊藤英子の未来設計をつらつらと更新していきます
12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 管理画面

    [PR]

    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    伊藤英子の花言葉紹介~ガジュマル~

    みなさんどうもこんばんは。幼い頃の未来設計で将来はお花屋さんになりたいといっていた伊藤英子です。現在は実際にお花屋さんで働きながらフラワーコーディネーターを目指して日々頑張っています。

    では今日も伊藤英子が花言葉をご紹介したいと思います。

    今日ははなではありませんが、伊藤英子が未来設計につかれて訪れた沖縄で見て感銘を受けた木、「ガジュマル」についてお話していきます。

    ガジュマルって面白い名前ですよね。ジュマルの名前の由来には諸説あり、成長しながら気根(特殊な根で空気中から水分を収集)を土台となる低木や岩に絡みつかせていく様子から「絡まる」が転訛したという説や「風を守る」が転訛したという説もあります。

    花言葉は健康。なんだかそのままと言ってもいいような気がします。

    垂れ下がった気根が特徴のガジュマル。低木や岩などの上で発芽し、当初はごく細い気根も地面に達することで幹のように樹皮が発達します。成長した気根はアスファルトやコンクリートを突き破ることもあり、花言葉の「健康」はその強い生命力やたくましさに由来するともいわれます。

    沖縄県では、ガジュマルは「幸福をもたらす精霊が宿っている木」「精霊の住む樹」「多幸の木」と呼ばれ、ガジュマルの古木にはキジムナーという精霊が住んでいるといわれます。また、ガジュマルの大木の気根の間を二人で通ると幸せになるともいわれています。

    未来設計につかれたときは是非一度ガジュマルを見に行ってみてください。

    PR

    [31]  [30]  [29]  [28]  [27]  [26]  [25]  [24]  [23]  [22]  [21


        ◆ graphics by アンの小箱 ◆ designed by Anne ◆

        忍者ブログ [PR]