忍者ブログ
伊藤英子の未来設計をつらつらと更新していきます
09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 管理画面

    [PR]

    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    伊藤英子の花言葉紹介【デンドロビウム】

    皆さんお久しぶりです!小学校のころにタイムカプセルに入れた未来設計のとおり、現在お花屋さんで働いている伊藤英子です。ブライダルフラワーコーディネーターになることも視野に入れながら、日々勉強しながらがんばっています。

    今日も伊藤英子が花言葉を皆さんにご紹介していきます。

     

    今日ご紹介するのは【デンドロビウム】と【石斛】。
    あまり聞きなれないお花かもしれませんね。

    この2つのお花は両方とも蘭(らん)科。 学名はDendrobium(デンドロビウム)とDendrobium moniliforme(石斛)
    Dendrobium :
    セッコク属(デンドロビウム属) moniliforme : 念珠状の

    Dendrobium(デンドロビウム)は、ギリシャ語の「dendron(樹木)+ bion(生活する)」が語源になっていて、樹木に着生生活することに由来しています。いずれも、茎(バルブ)に多数の節があるのが特徴です。

    【デンドロビウム】Dendrobium

    園芸ではこちらの名の方がとおりがよく、熱帯アジア地方原産。「ノビル」系と「石斛」系があります。「デンドロビウム」といえば、一般的には「ノビル」系の方を指すことが多いです。「ノビル」系の方が茎が太く、「ノビル」系の開花は春。「デンドロビューム」とも呼ばれています。


    【石斛(せっこく)】

    日本原産。日の当たる樹幹や岩に着生し、5月頃に白またはピンク色の花が咲く。漢名の「石斛」せきこくを音読みしてせっこくと変化しと言われています。

    花言葉は「思いやり」「純粋、潔癖」「まごころ」「誘惑に負けない」「有能」

    伊藤英子も誘惑に泣けないように頑張ります。

    PR

    [21]  [20]  [19]  [18]  [17]  [16]  [14]  [15]  [13]  [12]  [11


        ◆ graphics by アンの小箱 ◆ designed by Anne ◆

        忍者ブログ [PR]