忍者ブログ
伊藤英子の未来設計をつらつらと更新していきます
12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 管理画面

    [PR]

    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    伊藤英子と花言葉【ヤドリギ】

    みなさんどうもこんにちは。幼い頃にした未来設計で、将来はお花屋さんになりたいといっていた伊藤英子です。そして現在はその未来設計のとおり、実際にお花屋さんで働きながらフラワーコーディネーターを目指して毎日奮闘しています。

    そんな伊藤英子が、今日も花言葉をご紹介したいと思います。

    今日は【ヤドリギ】。

    ヤドリギって知っていますか?これはお花屋さんではあまり目にすることがないと思います。なぜなら、ヤドリギはエノキ、クリ、ブナ、ミズナラ、ケヤキ、サクラ、ヤナギなどの落葉樹に寄生し、その幹から養分などを吸い取って生息しているからです。だからこの植物単体では生きていけないということなんですね。ちなみに漢字で書くと宿り木または寄生木となります。漢字だけ見ると怖い感じですね。

    でも、花言葉は漢字からは想像できないくらいかわいいんです。

    「私にキスして」「困難に打ち克つ」

    花言葉の「私にキスして」は、クリスマスにはヤドリギの下でキスすることが許される風習にちなみます。とても素敵な風習ですよね。ヤドリギはセイヨウヒイラギとともにクリスマスには欠かせない植物です。

    だから12月24日と25日の誕生花でもあるんですね。

    一方、「困難に打ち克つ」の花言葉は、ヤドリギが氷雪のなかでも緑を保つことができることに由来します。

    花言葉を知っていると、同じ花でも見方が変わってきます。ということで伊藤英子は未来設計のためにも花言葉を勉強して、皆さんにもご紹介していきます!

    いじょう、 伊藤英子でした。

    PR

    [32]  [31]  [30]  [29]  [28]  [27]  [26]  [25]  [24]  [23


        ◆ graphics by アンの小箱 ◆ designed by Anne ◆

        忍者ブログ [PR]